> BLOG > Hunting > 吠える牡鹿!庭先の罠にかかった牡鹿を獲る!庭の畑で鹿を収穫!閲覧注意!有害鳥獣駆除実施中!
0 0
Read Time:27 Second

※閲覧注意※

生き物を殺す描写、記述があります

※慣れていない人は、そっ閉じしてください※

風邪をひいてしまって、2日目の朝。微熱を感じながら、だるい体を起こして罠を見回りに行きます。

忙しい時や、予定が入っている時、体調が悪い時っていうのは大抵フラグが立っている状態です。

裏山の見回りを終えて、最後の庭先の罠でフラグ回収となりました。

自宅のリビングから10メートル、推定80kgのオス鹿が掛かっています。 デカイ。

微熱でだるい体を振り絞って、鉄パイプを振りかざします。 

毎回ドメ刺しの際は緊迫しますが、この巨体で抵抗されると更に恐ろしい!!

大抵の鹿は一発で伸びて倒れるのですが、さすがのデカさなだけあって5発目でやっと伸びてくれました。

すぐさま、ナイフで動脈を切ります。

フゥーーッ!!と一息してしゃがみ込んでいると、鹿がムクムクっと意識を取り戻していくではありませんか。

え!? え゛ぇっ!?  切れた動脈から血がドバドバ出ているのに!? 一時撤退!

血を流しながら吠え始めたので、一声動画に納めました。 近所の犬も警戒して吠えています。

二件先の犬の吠え方と同じです。 動画に撮った声は図太さが半減しています。気迫までは動画に収まり切れないのかもしれません。

鹿が吠えるところを初めてみました。 この鹿強いです。

動脈を切って既に数十分が経過、早く楽にしてあげないとと感じ始めました。 

鉄パイプを再度手に持ち、気絶させてさらに深い切り込みを入れます。

30分の格闘の末、絶命しました。

ドメ刺しは毎回難しいです。 今回は特に長く感じたので色々考えてしまいます。

毎回なるべく早くという気持ちになりますが、早く楽にしてあげたいという感情は普通なのでしょうか?苦しいながらも、長く生きたいと思うのか、早く楽になりたいと思うのか。 

究極の感情。 

鉄パイプとナイフだけではとても難しい。 

引っ張ってもビクともしません。回収の為にトラクターを起動させ引っ張って回収。しかしデカイ!

車に積載なんて無理です。トラクターで釣り上げてなんとか運搬車両(自家用車)に押し込みました。

狩猟専用車両の必要性を感じます。

しかし、60kg、70kg以上の動物が罠にかかると、毎回罠が破損してしまいます。 今回もバネがグニャグニャに。。。前回の大物イノシシはワイヤーが引きちぎられる寸前でした。

もう、ヒヅメが鹿ではなく、イノシシじゃないですか! 蝦夷鹿がデカイと聞きますが、九州鹿もかなりのデカさかと思われます。 汗

鹿肉解体業者に引き渡した後フラフラで帰宅。

体調を治すため、ベッドに倒れ込みます。 にんげん弱い。

出勤した嫁にラインを入れると、

『え? おったんか! 朝ずっとガサガサゆってて、猫ちゃんと何やろねーって見てたんよw』

とリプライがきました。気づかんやったんかーい!

明日は、雨です。体調も治ってくれてれば良いのですが……🏳

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA