> BLOG > Hunting > 罠猟 牡鹿 70kg
0 0
Read Time:39 Second

一昨日仕掛けたくくり罠に70kg程の牡鹿がかかりました。

立派なツノ、長さがありこの子のツノは良いトロフィーになりそうです。

一人では重すぎて、3mほどの坂道が登れず、車にロープを結んで、滑車を利用して引っ張り上げました。

自宅でほとんどの部位を解体。

最近ハマっているリブの丸焼きのために、肋骨を一本づつバラします。

残ったのは毛皮と内臓と骨、ほとんどの肉を回収することができました。

なんとレバーに、カンヒル(肝蛭かんてつ)という寄生虫が数匹くっついています。レバーもめちゃでかい!

今まで食べたものにはついてなく、今回が初めてです。(気づいていなかっただけかも!?) 歳をとった大型の獣によくついているそうです。

[肝蛭:牛、豚、めん羊、山羊、ウサギなど全てのほ乳類の肝臓の胆管(胆汁が通る管)に寄生する虫です。大きさは2~5cmくらいで、木の葉のような形をしています。]引用:

https://www.pref.niigata.lg.jp/sec/nagaokakensa/1197846930180.html

恐る恐る、しっかり火を通してBBQやレバニラにして消費しました。

鹿レバーの歯応えは、他のレバーにはない独特のシャキシャキ感、かなり美味しいです!

くくり罠は太田製作所さんの罠を使用しています。


Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA