> BLOG > Camping > 九州の雪山テント泊 九州厳冬期 九州寒波の限界に挑戦
0 0
Read Time:1 Minute, 6 Second

九州では、数年ぶりの滅多にない寒波に襲われ、自宅周辺が雪に覆われました。

ここまで雪が積もることはほとんどありません。 こうなれば、山に行くしかありません。 九州の雪山の限界にチャレンジです!

九州で雪山といえば、九重。 九重の”厳冬期”にチャレンジです!

滅多に雪が積もらない九州は、交通網が麻痺状態に陥っていました。

一般道の積雪も30センチ以上あり、ノーマルタイヤで10キロくらいのスピードで走っています。 高速道路も積雪のため一部通行止め。

雪国に住んでいる人からしてみれば、レベルの低い雪での大パニックで鼻で笑われてしまいそうです。

下界は大パニックのおかげで、2時間で到着できる九重も、4時間かかってしまいました。

土曜日の午前中にもかかわらず、牧ノ戸峠登山口駐車場は車がまだ数台しか止まっていません。 登山道にはもう数名が登っているようでトレースがあります。

早速登山開始! 登山口からすぐの展望台の温度計はマイナス10度付近を指しています。 久しぶりの寒さにテンションが上がります。

沓掛山山頂からは、見事に雪化粧をした九重連山、息を呑む美しさです。

トレースの状況からして先を行く登山者は10人といったところ、パウダースノーを楽しみながら歩き続けます。

通常厳冬期登山の装備といえば、12本爪のアイゼンやピッケル。 しかし、今回は装備していません。 ワカンや12本アイゼン、ピッケルは装備してきましたが、登山口の状況を見て、車の中に置いてきました。 

厳冬期用の靴にチェーンスパイクで十分な山行となりました。


久住別れから先は風が強く、雪も横殴りで凍った岩場状態です。

避難小屋に荷物をデポし、身一つで山頂を目指します。

久住山頂を制した後は坊がつるへと向かいます。

尾根を境に吹き溜まりとなっており、登山者もいない様子。ラッセルしながらの下山となりました。

岩場に雪が吹き溜まっているので、足が取られて怪我のリスクが高まります。

硫黄岳の横のルートはロシアのような景色が広がっていました。

坊がつるに着くと、すでにテントが5張ほどあります。 みんな雪を欲していた登山者のようです。

坊がつるのテント場は朝まで風が強く、夜中は風の音で何度も起こされました。

床に着く頃の温度はマイナス15度くらいです。 九州の厳冬期登山の限界値と思われます。 

テント泊装備は、山岳用テントに厳冬期用シュラフ、マットで寒さを感じることなく過ごすことができました。因みに、マットは下記商品二枚重ねです。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

THERMAREST(サーマレスト) トレイルスカウト S グレー 30100
価格:7040円(税込、送料無料) (2021/1/18時点)



朝、見事な朝焼けで心が洗われます。 このとき、テントは15張程、増えていました。 

夜も、朝も、ガソリンストーブを準備していましたが、ガスストーブで十分でした。九州の厳冬期登山は色々と荷物が軽くできます。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

サッポロ一番みそラーメン 5食パック
価格:537円(税込、送料別) (2021/1/18時点)



二日目、昨日歩いたルートを遡り、中岳を目指します。

久住別れを目指す登り斜面は、雪山ならでわの直登です。

久住別れに到着、ゴールデンコースに戻ったと同時に、かなりの数の登山者御一行です。 

御池は9割凍っていて、登山者がはしゃいでいました。

下山時には、数人のトレースしかなかった雪道も、ボブスレーのコースか!?というほど踏み固められ、しっかりした道ができていました。

しっかり堪能できた九州の厳冬期登山。 

厳冬期装備つかいたい!と思っていましたが、軽アイゼンで十分でした。

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
100 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA