> BLOG > Camping > 冬キャンプ 3シーズンモデルの寝袋を使ってみた 冬の寝袋選び
0 0
Read Time:41 Second

九州地方にも雪が積ったので、早速冬キャンプに行ってきました。

滅多に雪が積もらないこの地域。雪景色の中キャンプができるチャンスを逃さないように、九重に向かうことにしました。 九重は雪化粧をしており、積っているといっても5センチ程度です。

日中の気温は約10℃前後。 夕方から3℃前後。

夜には–6℃まで落ちます。

今回は−6℃で、ハンモック、タープ泊を行いました。

持ってきた寝具は、

モンベル ダウンハガー800 #3  & 女性モデル


カサマンドゥ 化繊綿寝袋 3シーズンモデル

(国内販売なし)

モンベル フォームパッド 150

ニーモ スイッチバック ショート


サーマレスト トレイルスカウト S


厳冬期用の寝袋(ダウンハガー800 #1,#0)もあるのですが、なにせ高価なもの。

焚き火で穴をがあけたくなかったので、上記装備になりました。

ワイルドな嫁は、落ち葉をかき集めて断熱をした地面の上にシートを敷きその上にマットをのせます。

その上にモンベルフォームパッド、ダウンハガー800 #3女性用で寝るスタイルです。 (女性用寝袋は女性の体型に合わせた形と、足元のダウンが増やしてあるモデルです。)

ダウンハガー800 #3のスペックはコンフォート4℃、リミット温度が-1℃。

タイベックシュラフカバーを追加し、少しでも暖かいようにします。

この時点で、マットも寝袋もスペックが足りていません。

季節が変わっても、寝る時のスタイルはブレません。

結果、睡眠時間1時間と寝付けなかったようです。

しかし、ワイルドな嫁はこのスタイルを変えるつもりはないようです。

嫁の酒

ハンモックの私は、マット2枚(ニーモ スイッチバック、サーマレスト トレイルスカウト)、寝袋を2枚重ね(ダウンハガー800#3 カサマンドゥ化繊綿寝袋)で寝ます。

部分的に寒さを感じる程度で十分な睡眠をとることができました。

結果、3シーズンモデルでの−6℃くらいの冬季キャンプは、焚き火があっても寝れない。 ということがわかりました。

寝袋二枚重ね、マット二枚重ねなら、冬季キャンプは可能です。

寝袋のスペックが高くても、マットのスペックが低ければ寝ることはできません。

冬季は、冷気を遮断できるマット選びがとても重要です。

※注意※  本州中部地方から北側、−20℃ほどの厳冬期キャンプは別物です。参考にしないでください。笑

Happy
Happy
0 %
Sad
Sad
0 %
Excited
Excited
0 %
Sleepy
Sleepy
0 %
Angry
Angry
0 %
Surprise
Surprise
0 %

Average Rating

5 Star
0%
4 Star
0%
3 Star
0%
2 Star
0%
1 Star
0%

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA